August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鈴木大拙館

 
ツカモトです。
金沢市に昨年11月開館した鈴木大拙館に行ってきました。
仏教哲学者であった鈴木大拙の資料館です。
ニューヨーク近代美術館新館や愛知県では豊田市美術館なども手掛けた
建築家 谷口吉生の設計です。

鈴木大拙について知るだけでなく、来館者自身が学び、考える場となるように設計されたそうですが、細部まで気を配った研ぎ澄まされた空間で
鈴木大拙を知らなくてもこの世界感を堪能できる、そんな建築でした。

庭園と庭園の見せ方が素晴らしかった。

鈴木大拙館をぐるりと囲う散策路を歩いて裏山へ。
散歩コースも素敵でした。

( ツカモト)


  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  

ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)の
「第9回未来をのぞく住宅展」イベントに参加します!

日時:6月2日(土)、3日(日)  11:00〜18:00 入場無料
場所:ホテルグランティア小牧(愛知県小牧市新小木2丁目33番地)
詳細は↓
http://www.asj-net.com/event/data.php?eventid=227-3


建築写真アルバムも少しずつ更新しています。
よろしければ「いいね!」ボタンを押してもらえると励みになります。

twitterでも更新情報などを書いています。フォローよろしくお願いします。

住宅の本

ツカモトです。
今日は私がお勧めする住宅の本。
どれも一般の方が読んでも楽しくてワクワクする本ばかりだと思うので
一度手に取ってみてくださいね。



ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトなどの巨匠中の巨匠が建てた
名作と呼ばれる住宅を住宅建築家の中村さんが愛情たっぷりに紹介しています。

中村さんの本は文章もわかりやすく
また手書きの素敵なスケッチ満載なのでとっつきやすいですよ。
中村さんご自身の作品集「普通の住宅、普通の別荘」もおススメ。



建築探偵でお馴染み藤森さんの本です。
巨匠たちのモダニズム名建築を藤森さんの視点で紹介していて読んでいて本当に楽しい。
シリーズ化されていて
割に古い建築が紹介されている1~2、最近の建築が多い(3)もおススメ。


居心地のよさそうな住宅ばかり紹介されています。
松井晴子さんの文章も住宅への優しさが感じられてよい。
どれも既に住まわれている住宅が取り上げられていて
設計期間の建築家と住まい手とのやり取り・設計経過も紹介されています。
建築家ごとの設計スタンスの違いも面白いです。




学生時代、初めての住宅設計課題が出た時に読み衝撃を受けた本です。
以降、バイブルのように何度も読みました。
巨匠と呼ばれる建築家(安藤忠雄、磯崎新、長谷川逸子・・など)達の
初期の代表住宅が満載。
ローコストで狭い条件に中巨匠たちが斬新でかつ丁寧に挑んでいます。
私が強く影響を受けた象設計集団の富田玲子さんの住宅と出会ったのもこの本です。

が!!!ごめんなさい。とっくの昔・・に絶版になってます。(!!)
図書館や中古で探してみてくださいね(汗)


こちらは洋書2冊。
似たような本はたくさんありますが、この2冊が大好きです。








   ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  


建築写真アルバムも少しずつ更新しています。
よろしければ「いいね!」ボタンを押してもらえると励みになります。

twitterでも更新情報などを書いています。フォローよろしくお願いします。

小林剛之氏設計の春日井市建物完成



 SMILO事務所を一緒にシェアしている小林 剛之氏設計の竣工物件を見てきました。

場所は春日井市、幹線道路沿いですが、緑が多く見晴らしの良い素敵な立地です。



建物はくの字型となっており、シンプルな内装でも室内空間は変化を持って刺激的です。



今日は同じく事務所をシェアする栗本 真壱氏の竣工写真撮影に同行する形で訪れました。



リビングには吹抜があり、南側の見晴らしを取り込んでいます。凄く気持ちのよい空間です。



村正も設計当初から3DCGを作成して外観検討のお手伝いをしていました(上図CG)。今は木々も芽吹き始めたばかりですが、玄関脇の桜を筆頭に四季の花々・緑も楽しみです。


どこを視点として撮影するか、小林氏と栗本氏が打ち合わせ中。快晴で良かったです。

<村正>


愛知県名古屋市の設計事務所 smilo(スマイロ)

金沢海みらい図書館

ツカモトです。

先日、
シーラカンスK&H 設計の 金沢海みらい図書館 
 に行ってきました。
昨年5月にオープンしたばかりの新しい建築です。
外観は真っ白のパネルに無数の(約6000個だそうです)丸い窓が規則的にびっしり並んでます。
(見学した日は雨で外観がほとんど撮れなかったので昨年の開館前にテラシタのブログから写真拝借。)
近くで見ると縦4,000弌濂2,040个稜鬚ぅ僖優襪法3種類の大きさの円形のガラスブロックが18個空いています。
ガラスブロックも透明だったり半透明だったり・・。


1階は児童図書コーナー。
照明がかわいいです。




2階は一般図書。2階は外壁に使われたガラスブロックパネルのやわらかい光が差し込む
吹き抜けの大空間でした。
2階、3階の照明も拘ってました。

3階は地域情報フロア。
写真は吹き抜けに面した閲覧コーナー
3階から2階を見下ろしました。


新建築社の動画がありました。





  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  
 

愛知県名古屋市の建築設計事務所 smilo(スマイロ)のHPはこちらです。

Facebookにsmilo architects unitのページを作りました。
よろしければ「いいね!」ボタンを押してもらえると励みになります。

twitterでも更新情報などを書いています。フォローよろしくお願いします。

(ツカモト)

愛知県名古屋市の設計事務所 smilo(スマイロ)



静岡出張

 村正です。静岡の裾野まで1週間ほど出張して参りました。
せっかくなので暇を見て沼津漁港まで足を運び、沼津港周辺の飲食街をぶらついて来ました。

お昼2時過ぎていたため、それほどの混雑なくお店にも入れました。確か店の名は「さかなや千本一3時くらいを過ぎると焼き物のオーダーストップが・・・漁港の時間は早いです。

漁港横で食べる魚にまずいもの無し・・・当然美味しい昼食でした。
お店の窓からは日本で最大とも言われる沼津港水門の姿が。津波対策と聞いていますが、今回の震災を経て海辺の街は検討事項が多くて大変そうです。沼津市ハザードマップみると3階の建物も避難ビル対象に。そうしないと小学校が避難先にならないということでしょうか・・・。

楽しく釣りもしていきたい所ですが、時間なく断念。もう1年以上釣り出来ずイライラが募っています。

春の天気は変わりやすくほとんど晴れませんでしたが、積雪開けの3月1日の富士山は見事でした。

謎の蒸気が富士山から登っているとの怪情報が数日前に出ていました(多分雲の見間違い)。しかし地震に対する備えは、津波同様重要です。今回の出張もとある施設の地震対策の一環でした。


富士山噴火への対策も考えなくては・・!
<村正>





<<back|<123456789>|next>>
pagetop