September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

名古屋市天白区N邸最終調整


先日は2/21オープンハウス予定の名古屋市天白区N邸の外構打ち合わせを
行いました。造園デザインはGROUNDの島崎さんです。お施主様の意向を
踏まえつつ島崎さんテイストが盛り込まれた素敵なデザインになりそうです!


玄関門扉も付きました。
杉山製作所特注の製品、こちらも素敵な仕上り!
竣工までもう一息です。
 

名古屋市S邸配筋検査!


昨日、名古屋市S邸の基礎配筋検査を行いました!宅造擁壁完成後、表層改良
の上、ようやく基礎の段階です。職人さんが綺麗に配筋してくれました。
ありがとうございます!今から建方が楽しみです。

在来木造住宅の改修〜大垣市S邸工事始まりました。

日中の現場も少し寒くなり、
秋も終盤となりました。

大垣市中心に近い静かな住宅街にてS邸の改修工事始まりました。
2世帯化、バリアフリー等考慮し1階内装すべて取り壊し中です。




既存の構造体を補強、耐震性能断熱性能を極力上げて
年末までの完成を目指します。




工事は大垣市の山中ハウジング株式会社。
古い建物の改修工事は、解体して初めてわかる問題点も多いもの。
今回は住宅ですが店舗に改修する際は予想外の補修工事などが入って
工事期間伸びることも多いため要注意です。
山中ハウジングのベテランの監督さんと綿密に打合せしつつ
慎重に進めてまいります。

<村正>

 

マサラタブラの不思議な世界 〜マンションリノベーション〜

名古屋市千種区F邸兼マサラタブラ事務所の改修工事が終わりました。

テーマは「暗く妖しい空間」、「自然素材」、「和でも洋でも無い見たことのないデザイン」
建主と細かくデザイン・仕上げを打合せ続け1年以上設計を検討してきた物件です。



工事は名古屋市瑞穂区の株式会社アクティベイトです。
床は竹と桐の無垢材。突板や格子も竹を用いています。
桐の無垢フローリングは裸足で歩いても暖かく心地よい素材です。
竹フローリングは適度な硬さで汚れにも強いため水回りや机周りに最適です。



壁・天井にはパーシモンウォールという柿渋タンニンを含んだ機能性塗り壁コテ仕上げ。
湿気を適度に保ち、明らかに壁紙材と違う環境となります。
一部の天井にはシート状の石材、DSS(デザインストーンシート)を貼っています。
本物の石材のためかなりの迫力がある素材です。
作業机上の天井は庇下をイメージしたディティールで仕事空間と寛ぐ空間との境界を創り出しています。



漆塗りの和紙なども用いて明るさ毎に変化する不思議な表情を持たせています。
洗面室には謎の通風口が開いており、ゆらぎ照明を仕込んで幻想的な仕掛としています。
マンションリフォームのため天井高限られていますが、
最大限の曲面を持った天井とし調光付きの間接光が柔らかく周り込んでいます。

 

寝室壁はベンガラを混ぜた赤いパーシモンウォール。
鏡を多用し奥行きのある妖しい空間になっています。



玄関には木格子が闇に浮かび上がっています。
波紋の明かりや水琴窟、真っ赤な漆塗りの床材など訪れた人が怖がってもらえるよう
演出に演出を重ねています。住宅としてありえないエントランスになっています。

残念ながら上の写真はすべて私(村正)の撮影したものです。
完成写真はスタジオバツの松尾さんに先日撮影してもらっています。
ですので後日もっとすごい写真をご紹介できると思います。

<村正>
 

名古屋市天白区N邸上棟!

本日は天白区N邸の建方でした!
小雨が降り続く中、手際の良い大工さんのおかげで
無事、骨組みが建ち上がりました。

 
<<back|<123456789>|next>>
pagetop