December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

限られた面積に最高の空間を 〜清須市K様邸増築工事〜

清須市にて住宅の増築工事が完了しました。

静かでかつ遊びの気持ちを忘れない空間づくりを目指しました。

 

 

建主様は新しい提案、面白い提案を積極的に受け入れてくださる方で

より良いものへの追求を私に課されました。

7畳程度のリビングですが手前ほど幅が広い台形のプランで視覚的な

トリックを施しています。

また斜めに切れ込む大胆な天井の構図となり

面積以上のダイナミックな空間を持つお部屋になりました。

 

職人さんが拘って施工して戴いた温かな雰囲気を持つコテ塗り壁。

黒檀柾目10分艶の突板家具・建具の荘厳さ。

ウッディワールドのコルクフローリング ポルコルフロアーは

裸足でも暖かく、傷や水にも強い床でコルクに見えないティーの美しい柄。

鏡を部分的に用いて実用とともに狭く見せない工夫。

アクの強いナゴヤモザイクのパッチウォーク大盤タイルを柔らかな間接光で

纏めています。

 

元2階建て重量鉄骨造、増築部は木造平屋になっています。

しかし大変難しい設計施工工程となりました。

確認申請は降りていたのですが当時の確認申請書は無く、完了検査を受けていない住宅でした。

そのため既存建物の構造確認、構造計算、当時の法チェックを行い

県の指導課に建基法12条5項の規定に基づく報告書を提出。

ここまでで約1年近く。(この後に国交省ガイドラインが出ました。)

 

 

 

さらに床面積確保する為 既存建物に被さる形で計画は進めたため

EXP.Jを用い設計も施工も慎重を期して進める事になりました。

既存建物取合いを測る立体的な検討が必要だったため、この物件より

FULLBIM設計に移行しています。

 

 

施工床面積は大きくないのですが、設計手法・設計方法・仕上材料

行政との段取りまで限界まで追求せねばならない難しい物件でした。

<村正>

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

スポンサーサイト

pagetop