October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BIMの検討 「ArchiCAD編2」〜使ってみました


 村正です。

BIM検討 「ArchiCAD編 2」です。

2012/3/3      BIMの検討
2012/4/22    BIMの検討 「GLOOBE編」
2012/5/21    BIMの検討 「GLOOBE編2」
2012/12/5    BIMの検討 「GLOOBE編3」
2012/4/27    BIMの検討 「ArchiCAD編」
2012/6/5      BIMの検討 「Revit編」
2012/9/27    BIMの検討 「Revit編2」
2012/12/22  BIMの検討 「Revit編3」
2012/9/13    BIMの検討 「Vectorworks編」


ArchiCADは学生・教員は無料で使用でき(あくまで学習用)、
私が行っている大学学生に宣伝しているせいか、授業での利用者が増えている気がします。
学生の話を聞く限りすこぶる高評価。



使ってみると自由度が高く、かなり複雑な形状でも対応出来そうです。
スキップフロアも簡単に作成でき、基本設計程度であれば
市販の教本をある程度なぞれば覚えられそうです。



RevitにはRUG(ユーザー会)が作成した3D部材データが予め入っており、
GLOOBE・アーキトレンドには各メーカーが提供する3D部材データが揃っています。
そのためトイレ等の設備を図面に取り込むのが簡単だったのですが
ArchiCADのライブラリーマネージャー内は若干少なめ。
数少ない3Dデータは海外製多くてで妙な違和感・・・

Revitも大した量ではありませんでしたが
この少なさは作図意欲を削ぐのに十分。
ライブラリーにない設備や家具はWebからダウンロードした
2D図面を取り込んでとりあえず図面を仕上げる・・という
通常のCADと同じ手順を踏むのが最も早い方法のようです。

(データを購入する、という事もできますが・・)

今回の目標としては詳細図・矩計図がある程度描けるかどうかでしたが
一応「らしい」図面は描けても、建具の納まり、
軒先、構造体、断熱材その他もろもろディティールに及ぶと準備が必要なようです。
(これは他のBIMも同じ)




あとArchiCADのヘルプは凄く使いにくい。

細かいことは試行錯誤し体で覚えろ的なガチンコ系アプリです。
(市販のガイド本は数冊買いましたが、それらはどれも非常に読みやすいです。)

日本の企業にて採用している所は少なそう・・・
ただ、学生の使用者が多い点は凄く将来性があります。
ヘルプは読みにくくても、使いやすいアプリであることは間違いありません。

市販の教本が最近のArchiCADのバージョンとは操作方法が色々異なっており
(屋根と壁の納め方などなど)
なかなか覚えるのに苦労する箇所もありそうです。



(例えば屋根から突き出た壁の修正は右クリック→<接続/ソリッド編集>が使いやすそう。)

まだ触ったばかりで他のBIMとのメリット・デメリットが洗い出せていません。
もう少し触ってみようと思います。

<村正>

スポンサーサイト

pagetop