October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BIMの検討「Revit編3」〜RUGに潜入してきました

 村正です。

BIM検討 「Revit編 3」です。

3/3 BIMの検討
4/22 BIMの検討 「GLOOBE編」
5/21 BIMの検討 「GLOOBE編2」
12/5 BIMの検討 「GLOOBE編3」
4/27 BIMの検討 「ArchiCAD編」
6/5  BIMの検討 「Revit編」
9/27 BIMの検討 「Revit編2」
9/13 BIMの検討 「Vectorworks編」



若干多忙のせいか体調崩してますが・・・先日行われたRUG(Revit ユーザー会)中部エリアユーザー会に潜入してきました。

内田 博樹 氏(竜廣設計)

設計施工の会社にてRevitを導入し、木造住宅の事例を出してRevit活用の状況を話していただけました。規模的には私とリンクしており是非どんな使い方をされているのか知りたい所。
もっともRevitを使い始めで(?)3次元での形状検討や柱梁納まりの検討に利用し、実施図面の作図には利用されていない様子・・・
私も使った印象としては実施図面への利用が、かなりのハードルになりそうで悩んでいる所です。

大西 康伸 氏(熊本大学大学院自然科学研究科、助教)

Revitを使った環境解析についての講演でした。RevitにはProject Vasariという環境解析のアプリケーションが付いており、日照シュミレーション・日射量解析・風配図など調べられます。

Project Vasari (PDFの紹介ページにリンク)



大西先生のVasariを使われた感想としては、
・企画段階であれば使用できそう(基本・実施設計として使用するには不安?)
・解析についてしっかり分かっている上で補助的に使用するべき
・室内の風の流れなどを解析は難しそう。風を正確に解析するのであればWindPerfectやStreamを利用推奨。ただし高い専門性を求められる
等など、難しい内容でした。

坂井田 優実 女史(エルファ アーキィテクト)

JARA元理事長で尊敬すべき建築ビジュアライザー。
坂井田さんの講演があるからこそ今回参加したようなものです。

RevitからMAXへの作業移行が2013前くらいより改善され、非常にスムーズになったとのこと。
そのため今日は専らビジュアライゼーションの基本と応用法、VRでのプレゼン提案等についての講演となりました。



建築ビジュアライゼーションの目的は「理解と合意」+「感動」
そのためにはプレゼンの用途・対象者の心理に則して適した表現技法が求められるとのこと。

その基本となるものが手描きのパースであり、光の表現・空間の魅せ方は手描きのパースにてしっかり抑えることでCGにも応用が効いてくるそうです。

またVR(バーチャルリアリティ)をプレゼンに用いる方法を色々研究されていたらしく、現在オススメなのがLUMIONというVR作成ソフトです。

Quest3D / LUMION

見ていて実に楽しいソフトで、YoutubeにてLUMIONの作業動画が投稿されています。



RevitのモデリングデータをLumionに移動し、地形・植物・天候を一瞬で設定し動画を作成できます。水や植物の表現が素晴らしく、描画スピードも非常に速いことから実務で使えるのではないかとの話でした。

最近話題のゲームエンジン(UNREALCryENGINEFrostbite等など)のようで、Revit使えれば是非触ってみたくなります。
無料でも利用できますが、有料版は樹木の種類などが飛躍的に増えるとのこと。
動画データしか出力できない(かもしれない)そうです。パソコン又はコンシューマー機でもってプレゼン対象者が自由に歩けるような、まさにVRとしての利用が可能だと更に良いのですが・・・


Revit操作は難しいので時々ユーザー会に参加して勉強してみたいと考えています。
こういう組織が有るということは非常に心強くあり、一方ユーザー同士で助け合わないと まともに使えない非常にハードルの高いソフトであるとも言えそうです。

<村正>

スポンサーサイト

pagetop