October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

キソコン


キソコン、、、(基礎コンクリートのことですが、、、なにか? 大前春子流で)
安城市の狭小住宅の基礎の型枠が外れました。
これでなんとなく建物のスケールがわかります。
ただ建築の現場はそのときどきによってスケールが違って見えるんですよね。
(ただの錯覚なのか、マジックなのか)


僕の印象は
○基礎が出来たとき・・・図面で思ってたより広いなぁ。
○上棟のとき(建物の骨組みができたとき)
        ・・・基礎のときより狭く感じる?
○骨組みに壁を貼り終わったとき
        ・・・上棟時よりは広いなぁ。

て感じで最終的には図面で思ってたときより広く感じる?
卓上での設計から実際の建物のスケールをまだ完全には把握できていないのか?
まだまだ修行が必要です。上棟が楽しみです!

by テラピ




スポンサーサイト

pagetop