March 2012  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

BIMの検討

村正です。また少し専門性の高い話を書きます(建築設計業向け)。

建築設計の世界で話題となっているBIM(Building information modeling)導入の検討を進めています。

今までの建築CADはあくまで製図板の延長であり、一枚一枚整合性を確認しながら図面を揃えていました。例えば一箇所平面図を修正した場合、それに伴い立面図・展開図・断面図・部分詳細などなど「変わった所はどこか・・・」留意しながら全ての図面を見直し手作業で修正する必要があります。

それに対しBIMは(あくまで概念の話ですが)、設計者が初めから3Dモデリングを行い、それを基に各図面を作成。構造や設備との整合も同時に進められ、法チェック・施工・維持管理・セキュリティ・群集行動シュミレーション・コスト検討などなど様々な要素も一緒に検討ができるソリューションです。

建築CADでの作業が「作図」であるとするならばBIMでの作業は「設計」にランクアップ、とでも言えるのでしょうか・・。

問題点としてはBIMアプリケーションが高価であること。よって現在BIMの紹介ページは軒並みビル等の大きな建物を前提とした扱いになっています。

 Autodesk Solutions for BIM 

 Fukuicomputer GROOBE

 Bentley MicroStation

 Graphisoft ArchiCAD

 Vectorworks Architect

福井コンピュータのARCHITRENDのように住宅向けのソフトもありますが、アトリエ系事務所などで自由に設計が出来、小回りのきくものは有るのか・・今後各ソフトの特徴等を調べていこうと思います。

<村正>




  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  


Facebookにsmilo architects unitのページを作りました。
建築写真アルバムも少しずつ更新しています。
よろしければ「いいね!」ボタンを押してもらえると励みになります。

twitterでも更新情報などを書いています。フォローよろしくお願いします。

1
pagetop