June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ARCHICADの講習会に参加しました

昨日は株式会社エービーケーエスエスさんにてARCHICADの講習を受けてきました。

ARCHICADとは2次元および3次元図面を作成できる初めてのCADとして開発されたBIMソフトの先駆けだそうです。

 

BIMについてはsmiloの村瀬が詳しく、このBIMの検討カテゴリー内でもたくさん紹介していますが

二次元ソフトばかり使っていた私はまだまだ理解が進んでいなかったので

使い勝手含め、どんなソフトなの??というところから教えてもらってきました。

ソフトが高額で難しそう!という先入観ばかりありましたが

使い勝手はとてもよく、ツールバーの配置、表示の仕方などの画面構成も分かりやすく

取っ付きやすいソフトのように感じました。

(最初が肝心、ツールバーの意味がわからないとホント触りたくなくなるので。。)

実務で使いこなせるようになるには、最初の頃はカスタマイズをたくさんする必要があり

一筋縄ではいかない気がしますが、これからの時代にはBIMが欠かせなくなってくるようなので

引き続き導入の検討をしたいと思います。

 

 

ABKSSさん貴重な機会をありがとうございました。

 

<テラシタマミコ>

 

    

 

ひよこひよこひよこスマイロ・アーキテクツ・ユニットではスタッフを募集しています。
ひよこひよこひよこ正社員・アルバイト・オープンデスク)
ひよこひよこひよこ詳細はrecruit 募集要項をご確認ください。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


愛知県名古屋市の建築設計事務所 smilo(スマイロ)のHPはちらです。

 http://www.smilo.jp/
 

Facebookのsmilo architects unitのページに「いいね!」ボタンを押してもらえると励みになります。

 http://www.facebook.com/smilo.architects.unit?sk=wall
 

instagram 始めました。日常の写真など。

https://www.instagram.com/smiloarchitects/

@smiloarchitects

 

twitterでも更新情報などを書いています。フォローよろしくお願いします。

@smilo_architect

 

 

 

瑞穂区の住宅提案 〜白壁とタイルの涼やかな邸宅〜

瑞穂区の住宅プレゼンで作成したパースです。

 

地下RCガレージを設けた木造2階建て個人住宅。

隣地からの視線を巧みに避けつつ、庭と一体の広いリビングを持つ案です。

 

図面と3Dを同時に構築するBIMシステム(Revit 2016)を用いて作成しています。

 

1階は玄関・リビング・和室・縦動線等の4つのソリッドと、それを繋ぎ視線の抜ける十字の空間を内包しています。

それらの境界を仕切ったり、開けたりすることで様々な使い方が期待できます。

 

今年からRevitを用いて実施設計も行うようになりました。

3次元的な納まりを図面描きながら検討できます。

 

下図はプライベート用の玄関。

北側ですが暗くない玄関を目指しています。

 

客間の内観図。仕切りを大きく開けることで家族用のスペースに変わります。

 

地下階には4台の駐車スペースや、静かな書斎、広大なストックルームを備えています。

(村正)

BIMの検討 『GLOOBE と Piranesi』

村正です。少し専門家向け内容です。

BIM検討 「GLOOBE編 4」+手描き風パース作成ソフト「Piranesi」
和製BIMのGLOOBEを使い簡単なモデリングと
Piranesiを使った激速のパースをつくってみます。


2012/3/3      BIMの検討
2012/4/22    BIMの検討 「GLOOBE編」
2012/5/21    BIMの検討 「GLOOBE編2」
2012/12/5    BIMの検討 「GLOOBE編3」

2014/1/30    BIMの検討 「GLOOBE編4」
2012/4/27    BIMの検討 「ArchiCAD編」
2013/3/3      BIMの検討 「ArchiCAD編2」
2012/6/5      BIMの検討 「Revit編」
2012/9/27    BIMの検討 「Revit編2」
2012/12/22  BIMの検討 「Revit編3」
2013/3/25    BIMの検討   「Revit編4」
2012/9/13    BIMの検討 「Vectorworks編」


まずはGLOOBEでモデリング。
実施設計レベルの作図も体験版で試してみました。
Revitと違って、壁と仕上げを別々に構築するため、木造の作図も楽。
かなり直感的に進められます。


また、天井伏、展開図、矩計も無理なく作成出来ます。
(GLOOBE単体でちゃんとした実施設計が出来るのはありがたい。)



今回はBIM→Piranesi読み込みまで如何に早く出来るかの実験。
GLOOBEで簡単なモデリングを構築してみました。(上モデリングで5分くらい)

これをタブ<GLOOBE/エクスポート/J-BIM連携(その他のモデル形式)>で3DS出力します。



なんと、他にSketchup等で出力もできるのは便利。
(GLOOBEの良いところは2D図面も文字化け等に心配すること無く
JW-WINやAutoCADデータに出力できる点もあります。)



3DS形式で書き出し。その後、Piranesi付属のVeduteというアプリで3DSを開きます。



ここで3次元の視点を決めます。
私の使用したVeduteはバージョン6.2。
インターフェースも操作性も初代から変わらないなあ。

視点と光源位置を決めた後、EPXファイルを保存します。



PiranesiはCGレンダリングソフトでありながら、手描きっぽい
レンダリングイメージが得られます。
参考→リンク
ヘビーユーザーになると、もはや手描きとCGの見分けは出来ず、
上海のWANGWANG氏などの作品は芸術に近く見惚れます。



実はGLOOBEにもP-styleという機能が付いており、
(PiranesiのP だと思われる。)
ボタン一つで手描き風パースが作成する事も出来ます。
ものすごく早いのですが、ほぼ自動的にレタッチされるため、
自分好みに、ストロークを用いてアレンジすることは困難です。

ちゃんとしたパースを作るならば、GLOOBEのレンダリングや
P-styleは少し役不足。
Piranesiや他のRendererを使いたくなります。



最新のPiranesiは点景が多く、分かりやすい操作ボタンになっています。
点景にイラスト調の物が増えたのは凄くイイです。
もちろん自分で描いた点景を取り込むこともできるので
水彩画勉強中の私にとってはありがたい限り。




Piranesiでささっと着色すれば、リアルレンダリングに無い魅力を出せます。(上図で5分)

リアルレンダリングは作成に時間がかかり、かつ
詳細を詰めていない物件に対しては不利に働く場合があります。
(建主からみて、あまりにリアルだと
変更したくても口出せないのか・・・と誤解される可能性も)


FUJIFILM3DCGプリントサイト

更にPiranesiのEPixファイルはFUJIFILMに送ると
3次元に遠近感のあるプリントをしてくれます。
残念ながら2Lサイズが最大のようですが
建主さんに提示すれば喜んでくれるプレゼンが出来そうです。

<村正>


 

BIMの検討 「Revit編4」〜大成建設 高取氏に会って来ました

 村正です。専門家向け内容です。

BIM検討 「Revit編 4」
3/23にRUG+CHU(
Revit ユーザー会 中部支部)が名古屋市丸の内で開催されました。
今回は詳細図を描いている2社エキスパートのセミナー。
なかなか良い機会なので参加して来ました。

2012/3/3      BIMの検討
2012/4/22    BIMの検討 「GLOOBE編」
2012/5/21    BIMの検討 「GLOOBE編2」
2012/12/5    BIMの検討 「GLOOBE編3」
2012/4/27    BIMの検討 「ArchiCAD編」
2013/3/3      BIMの検討 「ArchiCAD編2」
2012/6/5      BIMの検討 「Revit編」
2012/9/27    BIMの検討 「Revit編2」
2012/12/22  BIMの検討 「Revit編3」
2012/9/13    BIMの検討 「Vectorworks編」

場所はオープンしたばかりの「コートオブアームズ」
ケーキを食べながらのセミナーです。


カナダよりWEBミーティングでLarkin Architect Limited 社 Kota Kido 氏と
頻度高く日経アーキテクチュアに出てる大成建設の 高取昭浩 氏のお話でした。

しかし私は仕事のためかなり遅れて出席。
Kota Kido 氏が3次元スキャナーを用いた既存教会の調査などを見逃しました・・・
最近はRGBも記録し点群データを3Dデータとして取り込めるようです。

大成建設の高取氏はRevitを導入し7年目の猛者。
最近は大成でもFull BIM(計画から施工(メンテまで?)BIMを利用)の物件が増えてきており
詳細図面もRevitで行なっています。



話の中心は高取氏が作成したRUTSの説明。
RUTSとはRevitの拡張プログラムで、詳細図面等が非常に描きやすくなります。

RUGのホームページからログインし、
RUTSのチュートリアルPDFはこちら(2013/3/24現在 ログインのため登録必要)、
RUTS本体はこちら。(Versionは随時更新されています。なお64Bit環境専用)

残念ながら私のPCが32Bitなので試用出来ないのですが
高取氏の操作説明を見る限り凄く、詳細図面作成の力になりそうです。



たとへば、平詳描くにしても仕上げが様々異なるため、上図部分だけでも4種類の壁種を登録し
作図していかなくてはいけません。すごく大変。
RUTSを使用すればこれらの登録が自動的に行われ、煩わしさが軽減されます。
なお、外壁は上図のようにブチブチに切って描くのではなく、一枚で作成し、
内側仕上げは又別に壁要素で作図するという手法を取られているそうです。

大成ではRevitの習得に3ヶ月から半年程度かけており
RUTS以外にも詳細図面作図のため色々工夫されている様子が垣間見えました。
かなり力を入れて会社として取り組んでいるのがよくわかりました。



また、サハ・ハディッドさんの新国立競技場が話題になっていますが、
ザハさん事務所ではRevitを使用されているらしく、その点でも
これからのBIM・Revit習得の利点など伺えます。

RUTSの為に新しいPC買うことに決心するほどに良い時間が過ごせました。
<村正>

BIMの検討 「ArchiCAD編2」〜使ってみました


 村正です。

BIM検討 「ArchiCAD編 2」です。

2012/3/3      BIMの検討
2012/4/22    BIMの検討 「GLOOBE編」
2012/5/21    BIMの検討 「GLOOBE編2」
2012/12/5    BIMの検討 「GLOOBE編3」
2012/4/27    BIMの検討 「ArchiCAD編」
2012/6/5      BIMの検討 「Revit編」
2012/9/27    BIMの検討 「Revit編2」
2012/12/22  BIMの検討 「Revit編3」
2012/9/13    BIMの検討 「Vectorworks編」


ArchiCADは学生・教員は無料で使用でき(あくまで学習用)、
私が行っている大学学生に宣伝しているせいか、授業での利用者が増えている気がします。
学生の話を聞く限りすこぶる高評価。



使ってみると自由度が高く、かなり複雑な形状でも対応出来そうです。
スキップフロアも簡単に作成でき、基本設計程度であれば
市販の教本をある程度なぞれば覚えられそうです。



RevitにはRUG(ユーザー会)が作成した3D部材データが予め入っており、
GLOOBE・アーキトレンドには各メーカーが提供する3D部材データが揃っています。
そのためトイレ等の設備を図面に取り込むのが簡単だったのですが
ArchiCADのライブラリーマネージャー内は若干少なめ。
数少ない3Dデータは海外製多くてで妙な違和感・・・

Revitも大した量ではありませんでしたが
この少なさは作図意欲を削ぐのに十分。
ライブラリーにない設備や家具はWebからダウンロードした
2D図面を取り込んでとりあえず図面を仕上げる・・という
通常のCADと同じ手順を踏むのが最も早い方法のようです。

(データを購入する、という事もできますが・・)

今回の目標としては詳細図・矩計図がある程度描けるかどうかでしたが
一応「らしい」図面は描けても、建具の納まり、
軒先、構造体、断熱材その他もろもろディティールに及ぶと準備が必要なようです。
(これは他のBIMも同じ)




あとArchiCADのヘルプは凄く使いにくい。

細かいことは試行錯誤し体で覚えろ的なガチンコ系アプリです。
(市販のガイド本は数冊買いましたが、それらはどれも非常に読みやすいです。)

日本の企業にて採用している所は少なそう・・・
ただ、学生の使用者が多い点は凄く将来性があります。
ヘルプは読みにくくても、使いやすいアプリであることは間違いありません。

市販の教本が最近のArchiCADのバージョンとは操作方法が色々異なっており
(屋根と壁の納め方などなど)
なかなか覚えるのに苦労する箇所もありそうです。



(例えば屋根から突き出た壁の修正は右クリック→<接続/ソリッド編集>が使いやすそう。)

まだ触ったばかりで他のBIMとのメリット・デメリットが洗い出せていません。
もう少し触ってみようと思います。

<村正>

123>|next>>
pagetop