April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Y邸竣工写真

先日、雪の降る中、岐阜Y邸の竣工写真の撮影を行いました!
名古屋が曇りで少し寒いなあ〜と感じた時はかなりの確率で
岐阜では雪が降ってたりします。

今回の撮影も小雪がちらつく中、KURIMOTO ARCHITECT'S STUDIO
の栗本氏に撮影をお願いしました。



正面外観です。使い勝手を優先し玄関は引戸です。
準防火地域の為、鉄扉の上に木を貼っています。扉の両サイドの木貼も、
ダイライト(防火性能のある構造用合板)という製品を下地に貼り、
防火性能をクリアしています。

小窓が並んだ外観ですが、ランダムな感じを出す為、プランとの整合性を図り
検討を重ねていきました。



8帖強の中庭です。こちらも洗面、浴室の窓をランダムに配置し、できるだけ
自然な感じをつくりだしました。

中庭の周囲は幅100mm、深さ150mm程度の溝をつくり、排水しています。
最近のゲリラ豪雨を考慮し、排水箇所も2か所取っています。
溝には白砂利、タイルは淡い色目を使い、柔らかい感じの空間としました。

近日中にはHPにアップします。栗本氏、寒い中、ありがとうございました!

<tera>


愛知県名古屋市の設計事務所 smilo(スマイロ)









大きな玄関引戸!

岐阜市Y邸、外装も張られ少しづつ完成に近づいてきました。
外壁は、こげ茶色で落ち着いた雰囲気の鋼板貼りです。
玄関扉も付きました。玄関は使い勝手を重要視し、大きな引戸です。
本体はスチール製で表面には木のパネルを貼った特製品です。


↑白いパネルに見えるのが引戸。

設備機器も設置されてきました。
Y邸では浴室はユニットバスを採用しています。また採光・通風を確保するため
中庭側に窓をつけています。



浴槽近くの窓からは中庭から淡〜い光が入ってきます。午前中、
浴室の電気を消して自然光で入るのも気持ちよさそう!




暗い中で窓をじっと見ているとアメリカンモダンアートの画家、
エドワード・ホッパーを思い出しました。


↑代表作品の「ナイトホークス」 哀愁漂ってます...

街中、部屋の中からの窓を題材にした作品が多数あります。
エドワードホッパーを含むアメリカンモダンアートの展覧会が現在、六本木
の「国立新美術館」で開催しています!
遠いですが、興味がある人は是非!

展覧会のサイト → http://american2011.jp/

<tera>










1
pagetop